量子化学研究室について

近年の分子理論の進展、計算機の高性能化、多彩な量子化学計算プログラムの普及により、計算化学には実験データの再現や解釈を越え、実験研究を先導する強力なツールとしての役割が期待される時代になりました。量子化学研究室では、電子状態計算に基づき化学反応のメカニズムとダイナミクスを調べることのできる理論計算スキームの確立を目指し、 ab initio molecular dynamics(AIMD)法ならびにGlobal Reaction Route Mapping (GRRM)戦略に基づく理論・プログラムの開発を進めています。

  • 最近の研究紹介最近の研究紹介
  • 論文リスト論文リスト

新着情報

一覧を見る

RSS

2017年07月02日
(祝)小林正人先生が講師に昇任されました!
2017年04月03日
(祝)前田理先生が教授に昇任されました! 4/11に新任教授講演会が開催されます。
2017年03月03日
NIMSとの共同研究で、波打つ窒化炭素との接合により不活性条件下での金触媒の活性化に成功(プレス発表)
2017年02月16日
山崎馨博士(CREST博士研究員)が東北大学金属材料研究所特任助教に栄転
2017年01月01日
曾桂香博士(ACT-C研究員)が南京大学 Kuang yaming Honors SchoolにAssociate Professorとして栄転
2016年12月20日
高木牧人君(D1)が第6回CSJ化学フェスタ2016で優秀ポスター発表賞を受賞